長野興農だからできること

私たちのオリジナル商品は、地元長野県産の野菜やくだものが主役。
生産者さんとのつながりを大切に、
おいしい商品づくりをめざして、「もの」と「ひと」を育んでいます。

素材への思い

地元素材にこだわり続けて50年

長野興農は、JAグループが母体となり設立された会社です。創業当初より、JAの良質な地元農産物を安定して加工することによって、消費者と原料生産者とのより良い架け橋となり、経済活動の発展に寄与することをめざしてきました。
りんご・トマト・プルーン・桃など、信州の豊かな自然で育った原料の味や成分をできるだけこわさずに、そのままの形でお客様にお届けしたい。それが私たちの願いです。
果汁100%へのこだわりもここから生まれます。添加物や調味料はできるだけ使わず、素材のおいしさをそのまま引き出し、安全・安心な製品を自然に近い形で提供させていただきたい。素材を追求すればするほど、おいしい果汁100%ジュースへのこだわりはますます強く大きくなるのです。

素材への思い
長野の特産品である
りんご、もも、プルーン
契約栽培でつくられる
ジュース用トマト
上水内郡飯綱町赤塩地区で、長野興農のジュース用トマトを栽培されている生産者の滝澤さん(写真中央)。長野興農原料課スタッフも定期的に畑を訪れている

飯綱のトマト農家さんとともに

トマトジュースの原料となるトマトは、「契約栽培」により特定の農家さんによって育てられ、確かな品質が受け継がれてきました。毎年5月から7月にかけて、農家さんとの「作付け確認」「栽培指導」を欠かさず、8月にはおいしいトマトを収穫。新鮮なままジュースへと加工していきます。長野県産100%の、信州の味がしっかり詰まったトマトジュースは長野興農自慢の逸品です。

ものづくり

「素材そのまま」のオリジナル製法

りんごジュースの製造は空気(酸素)との接触による変色を防ぐため、従来は破砕時にビタミンC(L-アスコルビン酸)を添加しておりました。
長野興農で用いられる製法のひとつに、りんご原料を破砕・搾汁する工程を密閉し、特殊な技術で連続的に搾汁する方法があります。弊社では、この技術を日本で最初に実用化しました。本製法で作られる「りんごジュース」は無調整で、りんご本来の持つ香りや味が詰まった高品質な果汁のジュースです。
また、トマトジュースでは、契約栽培によるトマトを、一年に一度、一番おいしい季節に収穫・搾汁し缶に詰めた「シーズンパック製法」を採用しています。※
その他の果物や野菜、きのこにおいても、地元育ちの「採れたて」のおいしさを知っているからこそ、素材本来の味を大切にお届けできるよう、安全・安心への追求とともに、常に加工技術の進化をめざしています。
※長野興農では従来法のビタミンC入りのりんごジュース、通常製法のトマトジュースも合わせて販売しております。

ものづくり ものづくり
あっぷりんとピナコの工場見学

ひとづくり

良質な商品をつくる「人」づくり

長野市を拠点とし、地域の生産者およびJAとの密接なつながりの中で、長野興農の50年にわたる歴史が築かれてきました。地域の経済発展にもつながる良質な商品をつくりつづけていくためには、会社の人づくりが大切です。長野興農では、地域の優秀な人材を発掘し、育成するとともに、社員が長年働きやすい環境づくりにもつとめています。

ひとづくり

長野興農ってこんな会社

入社10年目 品質管理部品質管理課 新井真由美
入社10年目 品質管理部品質管理課 新井真由美
長野興農の雰囲気をひとことで表すと「温和」でしょうか。入社から10年、同じ課に所属していますが、居心地の良さを感じています。また、自分が「こうしたい」と思ったことに、信念さえともなえば、なんでもチャレンジさせてもらえる。一人ひとりの声がきちん届く環境が、長野興農の長所といえます。
入社38年目 川中島工場 工場長 宮坂俊之
入社38年目 川中島工場 工場長 宮坂俊之
ガイドラインをしっかり守って間違いのない製品をつくる。それがお客様の喜びにつながると信じています。長野興農が守っていきたいのは「基本に忠実である」ということ。それは人の教育でも同じで、一日一日培ってきた技術を、いかに後輩に伝えて残していくかが、私たち世代のつとめです。
入社2年目 営業部開発営業企画課 増田園加
入社2年目 営業部開発営業企画課 増田園加
開発の現場は和気あいあいとした雰囲気です。疑問に思ったことを、いつでも誰かに聞けるのは、研究者にとってありがたいことです。地域につながりの深いこの会社で、もっと地域に貢献し、愛されるよう、製品開発がその一端になることを願っています。
入社27年目 営業部次長・長野営業所所長 北澤敏哉
入社27年目 営業部次長・長野営業所所長 北澤敏哉
素材づくりに専念する人々のおかげで、今の長野興農がある。生産者さん、農協さんと、私たちは三位一体のようなものです。これからも、地域とどうつながっていくかが私たちの課題。地域と一緒に歩んで、地を固めていく。それが「長野興農らしさ」だと思っています。

ページのトップへ戻る