ニュース

イベント

『"第6回"なめ茸をめぐる親子工場見学ツアー』を開催しました!

2017.08.21 イベント

8月9日(水)、長野興農は夏休みの小学生親子を対象にしたビン詰めのなめ茸ができるまでをめぐる工場見学ツアーを開催しました。
「子どもたちに、楽しくおいしく地産地消を実感して欲しい」という思いから始まったイベント。
今年で6回目の開催で、抽選で選ばれた8組16名の小学生親子の皆さんに参加していただきました。
多くの方よりご応募いただき、ありがとうございました。

***********************************

この工場見学ツアーは、長野県やJA長野県グループなどが勧める「『おいしい信州ふーど(風土)』を食べよう!育てよう!地産地消キャンペーン」の一環として開催しました。

まずは、なめ茸の主原料となるエノキタケの産地見学を行いました。
長野県はエノキタケの生産量がなんと全国1位!
そして長野県内で一番のエノキタケ生産量を誇る中野市にある「あさひ生産組合」にて、エノキタケができるまでの一連の流れを見学し、最後にはエノキタケのもぎ取り体験を行いました。
参加者の皆さんは段階的に大きくなるエノキタケを興味深く観察していました。
6nasin2.JPG6nasin3.JPG

次はいよいよ、須坂市にある長野興農のなめ茸製造ラインを見学!
エノキタケから、ビン詰めのなめ茸が製造される様子を、いつもは入ることのできない製造工場の中に入り見学しました。
皆さんはなめ茸が次々と瓶に詰められていく様子を見学し、熱心にメモを取っていました。
6nasin1-4.JPG6nasin5.JPG

その後、長野市篠ノ井にある長野都市ガスショールームで、親子クッキング教室を行いました。
講師の先生は、長野興農でもおなじみ、長野放送「土曜はコレだね!」などテレビや新聞で幅広くご活躍されているクッキングコーディネーター浜このみ先生です。
浜先生は、「簡単でおいしく、しかもオシャレ」をモットーに数々のレシピを提案されています。

今年は当社の「ふるさとの特選なめ茸茶漬」や、「ふるさとの うめ入りなめ茸」、「ふるさとのゆず入りなめ茸」、「信州プルーンコンポート」を使った中華風のワンプレートランチメニューを考案していただきました。
「なめ茸飲茶(うめ入りなめ茸シュウマイ・ゆず入りなめ茸の春巻き・プルーンコンポートの甘酒カップケーキ)」、「なめ茸タンタンつけめん」の4品をつくりました。
ほとんど包丁を使うことなく、どれも簡単にできるので、お子様も楽しみながら調理していました。
6nasin6.JPG6nasin7.JPG


6nasin8.JPG6nasin9.JPG


ワンプレートに盛り付けて、オシャレなランチの出来上がり♪
当日のレシピの詳細は、下記にてご覧いただけます。
2017レシピリーフレットol.pdf">地産地消deワンプレートランチ〜2017年バージョン〜.pdf

6nasin10.JPG
なめ茸はご飯にかけるだけでなく、万能調味料として色々なお料理に活用いただけます。
長野興農ホームページでは、他にもたくさんのアレンジレシピを紹介していますので、ぜひこちらもご覧ください。
*おいしいレシピ集(リンク:http://www.naganokono.co.jp/recipe/

料理教室終了後は、長野県地産地消推進キャラクター「旬ちゃん」も登場!県の方や長野都市ガス様より、地産地消や食育についてお話をいただき、最後に参加者の皆さん・浜このみ先生・旬ちゃん・あっぷりん・ピナコで記念撮影を行いました。
6nasin11.JPG6nasin12.JPG

開催当日は天候にも恵まれ、盛りだくさんの工場見学ツアーとなりました。
夏休みの良い思い出になりましたことを願っています。
今後も継続して開催し、子どもたちに加工食品も地産地消に繋がっていること、地元の食材のおいしさ、食の大切さを伝えていきたいと思います。

***********************************

本企画は「『おいしい信州ふーど(風土)』を食べよう!育てよう!地産地消キャンペーン」に協賛しているJA全農長野様、信濃毎日新聞社様や長野都市ガス様の多大なるご協力、その他多くの関係者のみなさまにご協力いただき実現することができました。
ここに厚く御礼申し上げますとともに、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
apupina.png

前の記事へ < 一覧へ戻る > 次の記事へ

ページのトップへ戻る